商標について

商標とは

 商標とは、商品又はサービスについて使用するマーク(文字や図形)であって、自社の商品等を他社の同種の商品等と区別するためのものです。需要者は、そのマークを確認することによって、商品やサービスの出所を識別することができ、同一のマークを付した商品等であれば一定の品質が保証されていることを期待することとなります。

商標権が付与されるための条件

 他人の商品又はサービスと区別することができない商標は登録を受けることができません。例えば、商品又はサービスの普通名称のみを表示する商標(具体的には指定商品「アルミニウム」に使用する商標として「アルミニウム」又は「アルミ」)は登録を受けることができません。また、例えば、単に商品の産地、販売地、品質等又はサービスの提供の場所、質等のみを表示する商標や、ありふれた氏又は名称のみを表示する商標も登録を受けることができません。
 また、他人の登録商標と紛らわしい商標や周知・著名商標と紛らわしい商標も登録を受けることができません。

商標権を取得することの必要性

 商標権を取得することにより、その効力の範囲において商標権者は商標の使用を独占することが可能となり、仮に他人がその商標に関して紛らわしい使用をしていた場合にはそれを排除することが可能となります。
 また、使用している商標について商標権を取得していない状況で、その商標について他人が後から出願をして商標権を取得した場合、自身が使用している商標が周知となっていないと、商標を継続して使用することができなくなってしまいます。この場合、使用商標の変更を余儀なくされ、看板の変更など多大な不利益を被ることになってしまいます。したがって、他人の使用を排除したいか否かに関係なく、自身が使用している商標について商標権を取得することが好ましいと言えます。

商標登録出願までの流れ

 弊所に来所して頂くか、貴社に訪問させて頂き、出願しようとされている商標の内容について面談をさせて頂くことになります。面談させて頂いた内容を基に出願前調査及び出願方針を提案させて頂きます。
 なお、商標として出願すべきマーク自体を検討中のお客様に対しては、提携しているデザイン会社と協力して、お客様のイメージに沿った商標であって商標権が付与される可能性が高い商標を提案することも可能です。

出願までの流れ